archive
category
  • カテゴリーなし

世界の発展を取り入れる

「翻訳」というモノに、僕たちは多くの場で慣れ親しんでいます。本屋さんへ行くと外国文学を日本語で読めるようにした本が置いてありますし、映画館に行くとハリウッド映画には字幕が付いています。
世界で起きた事件やゴシップについて伝える、外国の新聞・雑誌の記事やニュース映像を日本語に直したり、吹き替えたりしたものを読んだり見たりすることも出来ます。

と、こういった翻訳はすべて日常生活を送る中で、コレについて知りたいとか、コレを読みたいとか思ったときに触れるものですが、仕事のために翻訳を必要とする場面というのもあります。
たとえば海外の会社と取引をしているときには、送られてくる資料などを日本語に直す必要がありますし、いち早くビジネスのために情報を得ようと思えば、たとえば何らかの論文なり研究結果なりが発表されたらすぐに日本語に直し、それを見る――などということも必要になってきます。
製薬会社の人たちなどには、特に需要のある話ですね、これは。

世界の発展を取り入れるために必要な翻訳。こういったものはどのようになされているか……と言えば、それを専門的に行う業者に依頼して、料金を支払ってやってもらう、という形になっています。
実務翻訳と呼ばれるそれらの仕事について、その料金体系は、文字数などの情報量で決まってきます。
実際、僕たちがそのような作業を必要としたときにはどれほどの料金が掛かってくるものなのでしょうか。「情報は金なり」なんて言われますけれど、ここでは、その情報を得るために必要な料金――というところから、実務翻訳について触れてみたいと思います。

おすすめサイト

技術翻訳なら【英語の技術翻訳会社パーフェクトナビ】